Porcelarts Salon Femilus

ポーセラーツとは?

真っ白な磁器をキャンバスにし、好みの色や柄の転写紙を貼ったり、絵の具で着色したり絵を描いたり、金彩を加えるなど自由にデザインをし、世界で一つだけのオリジナル食器や小物が作れる、それが「ポーセラーツ」です。

ポーセラーツは、きめられたデザインがないので自分好みの食器や磁器に、自由に デザインができるので、誰にでも簡単に楽しめることができます。

絵を描くのが苦手な人でも、転写紙(特殊なシール)を使うので完成度の高い作品を作ることができます。いろいろな組合せやアイデア次第で、高級ブランド品にも負けないデザインの作品作りも夢ではありません。

またポーセラーツの作品は、インテリアなどの装飾用としてはもちろん、実用の食器として使えることが大きな魅力です。趣味で作ったものを日常生活の中で使用できるのも毎日の楽しみの一つになりますね。

「Porcelarts(ポーセラーツ)」という言葉は、日本ヴォーグ社が、porcelain(磁器)とart(芸術)を合わせて創った造語です。日本ヴォーグ社では、この造語をポーセラーツと商標登録し、日本ヴォーグ社認定のインストラクターだけが、この商標の使用を許されています。この呼称を知る人は、まだごく僅かです。もっともっと数多くの方々に認知され、ポーセラーツがポピュラーなものになって欲しいと思います。

趣味をお探しの方や、何か始めたいと考えられてる方は、体験レッスンもございますので、ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。

白磁とは?

ポーセラーツに使用する真っ白の磁器を白磁(ハクジ)と言います。

陶器が土から出来ているのに対して、白磁は主に石の粉末を練ったもので出来ている器です。陶器や半磁器と比べて高温で焼き、生地が硬く焼締まるので強度があります。そのため薄手に作ることができるので指ではじいてみると金属製の高い音がし、日にかざしてみると若干透けて見えるます。

ほとんどの磁器・白磁は吸水性がなく耐久性に優れているので、業務用にも幅広く使用されています。見た目も手入れの仕方もシンプルな器といえます。また電子レンジ(金彩の物は不可)食器洗い乾燥機での使用が可能です。オーブンはハマ(高台)のないものは対応できます。

ポーセラーツでは、この白磁に様々な転写紙や、上絵付けで装飾し、好きな作品を作り上げていきます。

転写紙とは?

様々なパターンやデザインを特殊なフィルムに印刷し、磁器にシール感覚で貼り付けられ、焼成すると顔料だけを残す転写という技術が応用されている紙になります。

転写紙の断面は、一番下に水をよく吸う紙があり、その上に特殊な接着剤を塗って、さらにその薄い接着剤の上に絵柄を印刷してあります。印刷された絵柄(顔料)は「カバーコート」と言うフィルムで覆われ接着剤の上に被さっています。このような特殊な構造の転写紙を水に浸すと、紙と接着剤は分離され、絵柄がついた薄いフィルムのようになります。

そのフィルムを水に濡れたままの状態で磁器の上に貼り付け、磁器とフィルムの間に残っている水と空気を抜き焼成を行います。

転写紙のサンプル

転写紙サンプル
転写紙サンプル
転写紙サンプル
転写紙サンプル
転写紙サンプル
転写紙サンプル
転写紙サンプル
転写紙サンプル

▲ページトップへ